会社案内

社長からのごあいさつ
会社外観
株式会社 コワダヤ
代表取締役社長 吉田 誠

消費者の健康を守る 「安心・安全」への取り組み

当社は昭和38年9月、鹿児島県の畜産振興と大消費地への安定供給を目的に、 市の誘致企業として薩摩半島南端の南さつま市に進出しました。

以来、国際化の進展や産地間競争の激化、O157の発症に端を発すると畜場法施行規則の改正、さらには昨今の産地表示問題など業界を取り巻く経営環境は日々、厳しさを増しています。

なかでも、消費者の健康を守る「安心・安全」への取り組みは、食に携わる私どもに課せられた最大の責務です。同時に「安心・安全」を無視しては食品企業として
次代に生き残ることはできません。

このため当食肉センターでは、衛生的な製品づくりを目指すべく、最先端の設備・機器を導入。汚染源の一つである、人的接触に伴う2次感染を防ぐため「人手に頼らない」と畜場運営を可能にしました。

とくに脱毛度合いを飛躍的に高めた凝縮スチームトンネル処理方式や、解体作業における6つの作業ロボットの導入は人的負担を軽減した合理的な製造ラインで、
高品質な製品(一般生菌類10の一乗以下を目指した)の出荷体制が完成したと自負しています。

当食肉センターでは施設中央に見学通路も備えておりますので、施設の隅々まで当社の「安心・安全」に対する食品製造の考え方や取り組みをご覧いただき、この思いを感じていただければ幸いです。

今後とも、よろしくお引き立てのほどお願い申し上げます。